お問い合わせ English

エネルギー流通ビジネス

Smart Energy
NTTアノードエナジーが担う
スマートエネルギー

NTTアノードエナジーは、
NTTグループの技術や資産を活用して、
環境やエネルギーに関する
社会の課題する解決ために、
2019年6月3日に
日本電信電話株式会社の
100%出資により設立されました。

街並みの写真

地球温暖化を
防ぐための取り組み

環境やエネルギーに関するもっとも重要な課題は、地球温暖化対策です。
地球温暖化とは、地球全体の平均気温が上昇する現象を指します。主に、CO2に代表される温室効果ガスの増加が原因とされており、私たちの生活や自然環境、経済活動に深刻な影響を及ぼす可能性があります。そのため、この課題への早急な対策が求められています。

NTT Green Innovation toward 2040

地球温暖化の課題に対して、日本は2030年度の温室効果ガス46%削減、2050年のカーボンニュートラル、つまり脱炭素社会の実現という国際公約を宣言しています。NTTグループは日本におけるエネルギー消費の1%を担っている責任から、2040年までにNTTグループのカーボンニュートラルを実現するビジョン「NTT Green Innovation toward 2040」を2021年に宣言しました。また、2023年には、サプライヤとの連携強化により、サプライチェーンでの温室効果ガスの排出削減を通じて、利用者であるお客さまを脱炭素とする、Scope3への拡大をめざすことも宣言しています。

温室効果ガス排出量の削減目標を示す図

NTTアノードエナジーは、脱炭素社会を実現するために、再生エネルギー発電の開発・獲得に取り組んでいます。

NTTアノードエナジーの事業内容

NTTアノードエナジーは、電源開発、調達、調整、販売までを一気通貫でつなぎ、4つの機能を使いながら発電から供給までを効率的に行う「エネルギー流通ビジネス」を展開しています。

温室効果ガス排出量の削減目標を示す図